中世ヨーロッパの書物に描き足された「ココ注目!」のマーク…矢印の概念がない時代の工夫いろいろ

ヨーロッパ中世の書物の注記00
現代において「矢印」は一般的に使われていますが、その概念が生まれたのは17~18世紀ごろ、世界に広まったのは19世紀と言われています。

ヨーロッパ中世の書物では、「ここが重要」「テスト範囲」のような注意書き加えたいときは、指を差したリアルな手を描くことが多かったようです。

絵心あふれる、当時の書物をご覧ください。

続きを読む