工事現場の看板のイラストが謝っているのに全然申し訳なさそうじゃない「別のこと考えてる目だ」

工事現場の看板のイラストが謝っているのに全然申し訳なさそうじゃない「別のこと考えてる目だ」

 工事現場で、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」という看板を見かけることがある。Twitterでは、そこに描かれたお辞儀をしているキャラクター、通称「オジギビト」の目が何も悪いと思っていなさそうだと話題だ。

 言われてみると確かに目や表情からなんとなく「謝罪させられている感」があるように見える。ほかの「オジギビト」のイラストも寄せられたが、これもあまり悪いとは思っていなさそうな表情だ。

 これに対してTwitterユーザーからは「営業や接客業をしていた頃の自分のよう」「目を閉じると申し訳なさそうに見えるのに」といった声が。一方、「ちゃんと心の中でも申し訳ないと思っているように見える」という声も寄せられた。

 冬日(@nekokaburii)さんが投稿したもの以外にも、「オジギビト」にはいくつかの種類があるようだ。もしもどこかで申し訳なさそうな表情をしたオジギビトを見かけた際には、写真に収めておくのも良いかもしれない。