思わず「えぇっ?!」と叫びたくなるアンコウの稚魚の壮絶な最期

思わず「えぇっ?!」と叫びたくなるアンコウの稚魚の壮絶な最期

 水産関係のお仕事をされているばるぱんさー(@balpanther)さんがTwitterに投稿したアンコウの稚魚の姿が話題になった。自分よりも大きなメヒカリという魚に頭からがぶっと噛み付いたまま死んでいる。

 じっくり見なければどういう状態なのかわからない、という声が上がるのも無理はない。右側の薄い膜のように見えるのがアンコウの稚魚である。この体格差、アンコウの方から噛みつきにいったとしたら凄まじいガッツである。

  なお、これは他の魚同士でもよく見られる光景だという声も。さらに、曳網の中でもみくちゃになってるうちに片方の魚の開けた口に入ってしまう現象かもしれない、という意見もあるようだ。

 アンコウの無謀なチャレンジだったのか、はたまた不慮の事故だったのかは知る由もないが、私たち人間にできることは彼らを美味しくいただくことくらい。メヒカリの唐揚げ、ぜひ食してみたいのものである。