『エイサー会館』(沖縄市)で沖縄が誇る伝統芸能をとことん味わい尽くす!

古来より旧盆に行われて来た先祖供養の伝統行事「エイサー」。今や沖縄を代表する文化・芸能として定着しているのは、御存知の通りでしょう。




ところで、沖縄本島中部に位置する沖縄市は、2007年「エイサーのまち」宣言や、『沖縄全島エイサーまつり』の毎年開催等、エイサー文化を強力に牽引する市町村として知られています。そのど真ん中、『コザ・ミュージックタウン』内に、総合発信拠点となる『エイサー会館』が、去る2018年3月25日にオープンしました。各種コンテンツで歴史や文化を学びながら楽しめる体験型施設で、エイサーの古今東西を様々な角度から堪能できます。




何と言っても、1Fの無料ゾーンと2Fの有料ゾーンで構成される館内の延床面積約1,000㎡と言う、その圧倒的スケール感に驚かされます!

1Fのエントランスでは、同市のキャラクター「エイ坊」の郵便ポストがお出迎え。また、正面には、エイサーの歴史や文化を紹介した映像が、大画面で映し出されています。




「ウエルカムコーナー」と位置づけられた無料ゾーンは、情報展示を兼ねたラウンジエリア。エイサークイズや、世界初?のエイサー会館オリジナルプリントシール機も設置。また、関連グッズや雑貨、三線やパーランクー等を販売するショップに加えて、イベントスペースも設けられています。






続いて、2F「展示・体験 コーナー」の有料ゾーンは、開放感たっぷりの大空間! 階段を登ってまず目に入るのは、広々とした中央通路。左手には、エイサーが旧盆に町中を練り歩く「道ジュネー」のイメージで、その奥にある大型スクリーンに映し出された画像や映像と共に、古き良きスージグヮー(小道)が表現されています。




その反対側、右手奥『沖縄全島エイサーまつり』コーナーも見応えあり。過去、第一回(1956年)からの全記録が、パネルや映像で集積されています。




その他、仕切られた4つのスペースに、様々なコンテンツが、これでもか!という程、溢れています。




例えば、その歴史や同市との関わり、県内は元より全国各地のエイサー関連団体紹介と言った、様々な情報がパネルで分かりやすく学べます。その他、各種展示物や造作物、パーランクーや三線と言った楽器、写真撮影用に羽織れる衣装等、ハードものは実際に触れられるものも多く、触感でエイサーを感じられます。






また、同市出身の音楽家・照屋 林賢(てるや りんけん)氏が手がけたオリジナルイメージPVや、プロジェクションマッピング、VRデバイス等、数多のモニターによる映像&音響も豊富。アイデア満載に駆使されたソフトも合わせて、多彩にして重厚な体験が可能で、チムドンドン間違い無し!






更に、施設の方針として、展示と共に、県内外からのエイサーに関する情報や資料、アイテム等の提供をも呼びかけことで、保存及び、継承にも取り組み、更なる充実を図っています。今後さらに奥行きのある施設に進化することは間違いありません。まさに世界にエイサーを発信する、司令塔!



 

 

知って学んで、見て聞いて。触って動いて体験して、おまけに買ってまでも楽しめる…。従来とは一味違う、知的&文化的なエンタメ空間で、沖縄が誇る伝統芸能エイサーを、とことん味わい尽くして下さい!




エイサー会館

住所/沖縄県沖縄市上地1-1-1
電話/098-989-5066
営業時間/10:00~21:00(2F有料スペースの最終入場20:30)
定休日/水曜日(水曜日が祝日の場合翌日)
料金/一般 300円・小学生~高校生 100円・小学生未満 無料 *20名以上〜団体割引あり
駐車場/あり(有料)*コザ・ミュージックタウン駐車場利用の場合は料金割引あり

Webサイト(参考)/https://www.facebook.com/eisakaikan/

▼関連サイト:
・心うきうき♪ コザの老舗ベーカリー「ザズー」でお気に入りを見つけよう
・築50年… 古民家風宿の先駆け「ごーやー荘」
・正真正銘の“元祖”沖縄タコス! コザ名物「チャーリー多幸寿」


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)