ドイツのトイレの「SOSボタン」の位置がよく考えられててスゴイ

ドイツのトイレの「SOSボタン」の位置がよく考えられててスゴイ

 非常時に使うモノのデザインというのは直接人の命にかかわるため安易な設計はできないが、Twitterではイスクラ(@DDRplanet)さんがドイツのトイレで撮影したSOSボタンの位置がよく考えられていると話題になっている。

 写真では、非常時に助けを呼ぶボタンが足元の低い位置についているのがわかる。この位置ならば病気で倒れて立ち上がれないときにでも押せるし、背の低い子どもにも確実に届くだろう。

 Twitterでは、「これぞ正しいプロダクトデザイン」など熟考されたデザインを称賛する声のほか、「日本のボタンはどれも同じ位置にあって押し間違える」「日本の多目的トイレも低い位置に緊急ボタンが設置され始めている」など日本の状況と比べる声が寄せられた。

 ボタンの位置ひとつとっても緊急時には生命を左右する。このような考えられたデザインで助かる命もあるに違いないだろう。

※この記事のツイートはイスクラ(@DDRplanet)さんの許可をいただいて掲載しました。