宮沢賢治『銀河鉄道の夜』をイメージした夜空のようなドリンクが幻想的

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』をイメージした夜空のようなドリンクが幻想的

 東京・銀座にあるBookCafe&Bar 十誡(@zikkai)さんは「好事家の書斎」がコンセプトのカフェ・バー。その十戒さんがTwitter上に投稿した、文豪・宮沢賢治をイメージした限定のモクテル(ノンアルコールカクテル)が今、8万回以上のいいねを得て話題となっている。

 モクテルの名前は「ケンタウル祭の夜に〜銀河鉄道の夜〜」。テーマは宮沢賢治の代表作であり、少年たちが銀河鉄道の旅をする物語「銀河鉄道の夜」だ。9月21日が宮沢賢治の命日だったことから限定メニューとして開発された。

 この投稿には「飲むのがもったいない✨✨✨✨ 」「美しい(*´ `) 」など称賛の声が寄せられた。

 十誡さんでは他にも彼をイメージした2種類のモクテルや、泉鏡花らなどをイメージしたドリンクを楽しむことができる。気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

※この記事のツイートはBookCafe&Bar 十誡(@zikkai)さんの許可をいただいて掲載しました。