奥歯「少し休ませてもらっていいっすか?」器用な歯医者さんが「けだるい奥歯」の模型を作成

奥歯「少し休ませてもらっていいっすか?」器用な歯医者さんが「けだるい奥歯」の模型を作成

 今までに親知らず抜歯の流れを格闘ゲームに例えて解説したり、カップ焼きそばのパッケージで遊んだりして話題になった器用な歯医者さん、かさま歯科クリニック(@KASAMASHINTARO)さん。今度は「コップのフチ子さん的な歯」を作成して話題になった。

 「けだるげに歯茎に腰かける奥歯」という絵面のシュールさ。奥歯は実際に治療で使用する樹脂で作られており、質感がとってもリアルなのもポイントだ。

 この投稿を見たTwitterユーザーからは「第6臼歯の歯生(人生)は長いから休憩が必要」「自分の歯を大事にしようと思った」などの声が寄せられた。

 画力の高さと手先の器用さで我々を楽しませてくれるかさま歯科クリニックさん。しかし、最近は自身の職業があやふやになりつつあるそう。興味が湧いたら、ハミガキで第六臼歯のケアをしつつこれまでの作品をチェックしてみては。

※この記事のツイートはかさま歯科クリニック (@KASAMASHINTARO)さんの許可をいただいて掲載しました。