歌詞に出てくる時間は「午前2時」が一番多かった…時間を示した歌詞を調べた結果が興味深い

歌詞に出てくる時間は「午前2時」が一番多かった…時間を示した歌詞を調べた結果が興味深い

 日本の楽曲の歌詞には時折「◯時の列車で」「午前◯時に」といったフレーズが登場するが、頻出しているのは何時なのだろうか。白樺香澄がなんか言ってるぞ(@kasumishirakaba)さんが話の中で「一番歌われてる時刻って『午前2時』じゃない?」と出たことから調べた結果が話題だ。

 結果を見ると頻出の時間帯は「午前2時」。午前3時、午前0時と続き、もっとも頻度が低いのは午前11時だったという。なお、調べ方は歌詞検索サービスを利用したとのこと。

 Twitterユーザーからは「深夜&夜明け前が上位にあるのはすごく納得」「午前11時と言われても『昼メシまで後1時間…』くらいしか思いつく感情ない」と、結果に納得する声が集まった。この調査に触発されて、曜日について調べた人も現れた。

 午前2時といえば草木も眠る丑三つ時。場合によっては幽霊が出るかもしれない時間だ。恋だの愛だの孤独だのといった人間の情念がうずまく時間帯は、やはり深夜ということなのかもしれない。

※この記事のツイートは白樺香澄がなんか言ってるぞ(@kasumishirakaba)さんの許可を得て掲載しています。