誰も食品と思わない…激臭を放つシュールストレミングの缶詰は恐ろしく厳重な梱包で輸入されていた

誰も食品と思わない…激臭を放つシュールストレミングの缶詰は恐ろしく厳重な梱包で輸入されていた

 世界一臭い食べ物、シュールストレミングの缶詰を輸入・販売している三幸貿易公式(@SANKO_TRADING)さんがシュールストレミングの輸入時の梱包状態という貴重な瞬間をTwitterに投稿した。

 ちなみに「シュールストレミング」とははスウェーデンで作られたニシンの塩漬けの缶詰だが、中身を発酵させているため缶を開けると、それはそれはものすごい臭気を放つ食べ物なのだ。

 まるで爆発物でも輸入しているような厳重な梱包。「危」と貼られた黄色いステッカーが眩しすぎる。

 三幸貿易公式さんによると、航空危険物に該当しており、輸入時も特別梱包と危険物加算料金を支払っているそう。缶詰の値段は5000円前後するが、価格の7割が輸送コストだそうなので、高い理由もわかる。

 Twitterユーザーからは「これは食用できる爆弾では」「食べ物なのに機内持ち込み禁止の危険物」といった妥当な感想が集まった。

 「そんなに臭いの?食べてみたい」と思った人は、過去にチャレンジした人たちの様子などを参考に、情報収集してから検討しよう。何しろ「すごい」としか言葉がなく語彙を失うレベルなので積極的にはオススメできない…。

※この記事のツイートは三幸貿易公式(@SANKO_TRADING)さんの許可を得て掲載しています。