二重振り子で「カオス運動」を研究しよう!→これはオタ芸だ…高校生が撮影した動画が話題に

二重振り子で「カオス運動」を研究しよう!→これはオタ芸だ…高校生が撮影した動画が話題に

 力学において、数値の誤差によって予測できないほど複雑な動きをする現象をカオス運動と呼ぶ。かさけん(@kasaken3942)さんは高校の部活でこのカオス運動について、二重振り子を用いて研究した。その研究成果がこちらだ。最後まで振り子の動きを見て欲しい。

 回りながら左右に揺れる振り子の様子が、まるでオタクが音楽ライブの会場で見せる「オタ芸」のような動きなのだ。ツイートは拡散され、動画の再生回数は300万回を突破した。

 この投稿には、他にもヌンチャクに似ているという意見や、「すげえ挙動やなあ まじでこれ自然な動きなんか?」といった声が寄せられた。

 一見すると難しく思える力学の世界も、見せ方を変えれば興味を持ってくれる人は増えるのかもしれない。

※この記事のツイートはかさけん(@kasaken3942)さんの許可を得て掲載しています。