中国のマラソン大会で258人が不正処分…証拠映像が注目を集める

20181203225719_03_ytcap_s
中国の深セン市で開催されたハーフマラソンで、258人の市民ランナーの不正が発覚し、失格処分となったことを運営が発表しました。

最も多い失格理由は近道。その証拠映像が公になり注目を集めています。

続きを読む